観音平古墳群 墳丘墓群

新井・矢代エリア 観光 歴史文化

1号墳から延びる尾根を4号墳から北へと下ると、わずかに盛り上がった低い墳丘が点々と連続する傾斜地に至ります。これらの低い墳丘は、前方後円墳が出現する前に築かれた弥生時代の台状墓と呼ばれる埋葬施設の可能性があり、その可能性を後押しするように、周辺には斐太遺跡で見られるような丸い窪みが分布しています。この場所は、これまで古墳群の中に含められてきましたが、古墳の下に弥生時代の集落遺跡が埋もれている可能性があり、将来的には高地性集落の範囲がさらに広がり、その面積が15万㎡に達することも十分に考えられます。

詳細情報

住所

新潟県妙高市青田

Google map