関温泉(妙高高原温泉郷)

標高約900mに位置する関温泉。燕温泉同様に弘法大師が発見した湯と言われてますが、本格的な開湯は1729年(享保13年)に関山村の豊田五太夫によって発見されてからと言われおり、妙高高原温泉郷では最も歴史のある温泉です。源泉は関温泉上部の大田切渓谷で、お湯には鉄分が含まれており、時間が経つと茶褐色になり、体の芯から温まり、湯冷めしないと昔から評判です。
泉質/ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 
効能/泉質別適応症として切り傷、火傷、慢性皮膚炎、慢性婦人病など

詳細情報

住所

お問い合わせ:0255-86-3911 (妙高高原観光案内所) 新潟県妙高市関山関温泉

Google map