苗名滝(日本の滝100選)

なえなたき

「日本の滝百選」に選ばれた名瀑。マグマが冷却されたときにできた、柱状節理が良く発達し、落差55メートルの高さから水が落ちる豪快な様子と音から「地震滝」とも呼ばれています。春は雪解けで水量が爆発的に多く、夏は涼しく、秋は紅葉で美しさもひときわです。
駐車場を出発して、最初のつり橋を渡り関川を越え長野県に入ります。砂防堰堤を横に見ながら階段を登り、ユキツバキに囲まれた歩道を進むと、“小林一茶”が「瀧けぶり 側で見てさへ 花の雲」と苗名滝で詠んだ俳句が石に彫られています。その先のシダが生い茂る岩壁を見上げながら、もう一つ吊り橋を渡ると滝つぼ近くまで行くことができます。吊り橋を渡ったところの大石には、水神様が祭られています。
古来日本では、地震のことを「なゐ」といい、「なゐのたき」から「なえなたき」となり、高田平野の水田を潤す水であることから苗の字があてられ、苗名滝となったと伝えられています。
2016年4月に苗名滝への新たな道路「市道苗名滝川街道線」が完成し、車両通行が可能となりました。新たな道路は関川沿い全長約1.5kmの2車線道路で、大型観光バスも通行が可能です。また、歩道も整備されています。
入口は杉野沢地区の新潟県と長野県の県境、関川にまたがる「地震滝橋」です。終点には、普通車104台、大型車11台が収容できる大駐車場を完備しています。
また、遊歩道入口にある苗名滝苑は、流しそうめんで有名。お隣のカフェグランでは、ブルーベリーやラズベリーなどトッピングがたのしいソフトクリームも人気。

詳細情報

住所

949-2113 新潟県妙高市杉野沢2092

電話番号

0255-86-3911(妙高高原観光案内所) 0255-86-6536(お食事処 苗名滝苑)

営業時間

途中に吊り橋が2か所、階段が1か所あり、冬季は積雪のため、歩道は通行止めになっています。県道から苗名滝駐車場までの1.5㎞は、除雪をしていません。また、台風などで増水した場合は、通行できません。

駐車場案内

大型11台、自家用車104台、水洗トイレあり

備考

駐車場より片道徒歩15分。

Google map