夢見平遊歩道(森林セラピーロード)

笹ヶ峰高原の南側に広がる夢見平遊歩道は、昭和7年から昭和23年まで製材所が置かれ、林業や炭焼きが行われていたことから、当時のトロッコの軌道跡を利用しており、比較的平坦なコースで、1周約10Kmの4時間コースと半周で約2時間のコースが設けられている。
遊歩道の周囲には、樹齢250年を超えるブナやミズナラ、ハルニレの巨木やシラカバ、カラマツなどの林が広がっている。遊歩道にはいくつもの沢が横切っていいて、ミズバショウやリュウキンカなど湿性植物の宝庫となっている。
遊歩道の最遠部の避難小屋から足を延ばして15分ほど林道を進むと、地蔵桂と呼ばれる巨木とそのすぐ隣にヤチダモの巨木を見ることができる。
【5時間コース】乙見湖休憩舎(トイレ、駐車場)~笹ヶ峰ダム堰堤~蓑池~稲荷神社~夫婦泉~「避難所(トイレ)~地蔵桂~製材所跡~炭焼き窯跡~六美展望台~」夢見平湿原~しょうぶ池~ズミトンネル~笹ヶ峰ダム堰堤~乙見休憩舎 「 」をエスケープすると2時間程度 

詳細情報

住所

949-2113 妙高市杉野沢笹ヶ峰高原

電話番号

0255-86-3911 (妙高高原観光案内所)

休日

11月中旬から4月下旬までは、積雪のため県道通行止めとなります。

駐車場案内

備考

乙見湖休憩舎には、無料案内所有。 妙高トレッキングマップ(無料)、夢見平散策ガイドブック(有料)は、妙高高原観光案内所にございます。

Google map