五八木

杉の沢から笹ヶ峰線を上がると途中の五八木バス停付近は見晴らしの良い高台になっており、遠くに野尻湖や志賀高原の山並みを展望できるほか、眼下に広がる雲海を見ることもできる。五八木の名の由来は、特定小面積に5種類(ブナ、ミズナラ、ハリギリ、イタヤカエデ、ネズコ)の大木が自生していることと、量が多いことを示す八からといわれている。1964(昭和39)年に昭和天皇が、この場所で、ユキツバキの観察をされた。

詳細情報

Google map