妙高の魅力

笹ヶ峰・苗名滝・杉野沢

マイナスイオン浴びる壮大な滝&草原

広大な草原に本州最大規模のドイツトウヒの林や、「平成の名水百選」に選ばれた宇棚(うだな)の清水がある笹ヶ峰高原、日本の滝百選に選ばれた壮大な「苗名滝」をはじめ、スキー場やゴルフ場、温泉街など、妙高を代表する観光名所を持つ杉野沢エリア。




見どころ・おすすめポイント

笹ヶ峰

標高1300mの高所に位置し降水量も少ないため、夏でも爽やか笹ヶ峰高原。明治35年開場の歴史ある牧場があり、132haもの広大な草原は東京ドーム38個分。巨大なハルニレの木が点在した緑の草地、背景に見える妙高の山並みとヨーロッパ的景観が広がる。6月下旬~7月下旬は黄色のキンポウゲが可憐な花を咲かせ、見事です。

牧道を使ったトッレキングを楽しめ、6月~10月なら柵越しにくびき牛の放牧風景も見られます。(牛頭数:120~131頭)



苗名滝

長野県との県境、関川にかかる落差55mの苗名(なえな)滝。岩壁から水しぶきを上げて落ち込むさまは迫力満点。雪解け水が流れ込む春は水量が増し、見応え十分。滝に近ずくにつれ地響きがし、まるで地震が来ているような感じがすることから、地震滝とも呼ばれています。真夏でもひんやりと涼しく、納涼スポットとして散策にもオススメです。最も美しい季節は、春の雪解けと10月中旬頃の紅葉シーズン。滝への遊歩道が整備されていて、歩いて15分ほどで滝に到達できます。出発点には流しそうめんやバーベキューを楽しめる「苗名滝苑」、濃厚ソフトクリームが人気の「カフェグラン」といった食事処があり、散策後の休憩にもぴったり。



杉野沢温泉

クレンジング効果の高い成分を含む温泉は、角質が落ちツルツルの肌になると好評。公営温泉施設「苗名の湯」は、敷地内に民俗資料館、そば処、体育館を有し、「くま杉の里」とも呼ばれている。観光スポット苗名滝や笹ヶ峰高原への通り道でもある。



前のページへ戻る

コンテンツメニュー

  • 国立公園妙高
  • 赤倉温泉・新赤倉
  • 池の平温泉・いもり池
  • 笹ヶ峰・苗名滝・杉野沢
  • 妙高温泉・高原駅周辺
  • 関温泉・燕温泉
  • 斑尾高原
  • 桶海・アパリゾート妙高パインバレー
  • 新井
  • 登山・トレッキング

冬の妙高

夏の妙高

周遊観光バス情報
  • 生命地域妙高環境会議
  • 妙高市
  • 妙高ノート|Myoko Note
  • 笹ヶ峰 乙見湖 休憩舎
  • 市内病院・医療機関などのご案内
  • 笹ヶ峰グリーンハウス
  • 妙高高原ビジターセンター
  • 妙高高原ビジターセンタースタッフブログ
  • 帰省旅行中の血液透析について
ワゴンタクシーで行く 妙高・黒姫・戸隠ライナー 映画『滝を見にいく』公式サイト 信越自然郷公式ホームページ 新潟観光ナビ 信越ふるさと回廊