妙高の魅力

赤倉温泉・新赤倉

大自然に囲まれた高原温泉

江戸時代文化13年開湯の「赤倉温泉」は、2つの泉質を併せ持つ名湯。温泉ソムリエ協会の家元が正しい温泉の知識と入浴法を広めているのもこちらの温泉地。空中散歩を楽しめるスカイケーブルや、花や緑に囲まれたペンション街が広がる新赤倉温泉街が隣接している。




見どころ・おすすめポイント

赤倉温泉

神経痛、リウマチ、肩こり、腰痛、疲労回復などの温泉に共通する「一般適応症」はもちろんのこと、独特の「泉質別適応症」として、「美肌づくり」「傷の治癒」に定評がある。

メイン通りには土産物や飲食店が立ち並んでいます。地元B級グルメとして認知度をあげている真っ赤な焼きそば「赤倉レッド焼きそば」は、食堂や旅館など、現在10軒で提供中です。



新赤倉温泉

ウインターシーズンはもちろんのこと、グリーンシーズンも標高1,300mの頂上まで空中散歩を楽しめるスカイケーブルが運行され、遠くは志賀、斑尾山、野尻湖まで一望できる大パノラマを堪能できる。中腹には昭和12年、日本の高原リゾートの草分け的存在として誕生した赤倉観光ホテルがあり、スカイケーブルの麓には森に囲まれた個性あふれるペンションや旅館が集中。宿泊利用だけでなく、カフェ営業やクラフトなどの体験教室を開いているペンションも多い。



前のページへ戻る

コンテンツメニュー

  • 国立公園妙高
  • 赤倉温泉・新赤倉
  • 池の平温泉・いもり池
  • 笹ヶ峰・苗名滝・杉野沢
  • 妙高温泉・高原駅周辺
  • 関温泉・燕温泉
  • 斑尾高原
  • 桶海・アパリゾート妙高パインバレー
  • 新井
  • 登山・トレッキング

冬の妙高

夏の妙高

周遊観光バス情報
  • 妙高市
  • 笹ヶ峰 乙見湖 休憩舎
  • 市内病院・医療機関などのご案内
  • 笹ヶ峰グリーンハウス
  • 妙高高原ビジターセンター
  • 妙高高原ビジターセンタースタッフブログ
  • 帰省旅行中の血液透析について
ワゴンタクシーで行く 妙高・黒姫・戸隠ライナー 映画『滝を見にいく』公式サイト 信越自然郷公式ホームページ 新潟観光ナビ 信越ふるさと回廊